このページのトップへ
ホーム » 施工事例 » 入間市 段差のある隣地境界を擁壁で土留めし、化粧ブロックとフェンスで仕切りました

入間市 段差のある隣地境界を擁壁で土留めし、化粧ブロックとフェンスで仕切りました

入間市で施工しました、隣接地との土留めブロック・フェンス工事をご紹介します。

Before|After


施工前、隣接地との境界は生垣で仕切られていました。
高低差がある境界には土留めが無いため、雨などの影響で畑側に土砂等が流出してしまいます。
そこでコンクリート擁壁の土留めにブロックを積んで高さを出し、フェンスを取り付けて仕切りました。


掘削後の状況です。畑側に敷板をし、養生します。
砕石を転圧し、ベース(底版)コンクリートの型枠を組みます。

まず最初に、土留め壁を設ける場所の垣根を撤去します。目印となる丁張をかけて掘削し、砕石を入れ転圧してしっかりと締固めた後、ベース部分の型枠を組みます。


加工した鉄筋を組み終わりました。
ベースコンクリートを打設します。
擁壁の立ち上がり部分の型枠を組みます。
完成したコンクリートの土留め擁壁にブロックを積んでいきます。

ブロック積みの鉄筋の設置間隔は、建築基準法で縦横に800ピッチ(80センチ間隔)以下であることと定められていますが、当社では800ピッチの倍の鉄筋を使う400ピッチ(40センチ間隔)を基本としてます。


リブ模様の化粧ブロックを2段積み、フェンスの柱を取り付けます。
ブロックの天端をモルタルで仕上げ、フェンス本体を取り付けます。

境界上に土留めを設ける場合は隣接地も掘削、工事します。
隣地の地主様に許可を頂き、踏み固めてしまわないよう施工範囲に敷板を設置して畑を養生して施工。工事完了時には「お借りした部分の畑は整地し、元の状態に戻して返却致しました。
また、工事途中で既存の排水マスの漏水が見つかりましたので、並行して修理しています。


ご訪問時、お客様から「土留めはブロックにしたいが、材料は何が良いのか、またどうしたら良いのかわからないので教えてほしい」とご質問を受けました。
外構工事は多岐に渡り、土留めの方法も様々ですから、よほど詳しい方でない限り、材料や工法の判断はとても難しいものです。
そこで3パターンのプランのパース図と見積もりを提出してご説明し、土留め擁壁+ブロック+フェンスの案に決定、施工させていただくこととなりました。

当社では完成を具体的にイメージしやすい3Dパース画を、お見積時に提示します。
エクステリアから造園・土木工事まで、豊富な施工経験と実績をもとにご提案しています。どうぞお気軽にご相談ください。


Contact
TEL 0428-74-6117
所在地/連絡先

〒198-0005
東京都青梅市黒沢2丁目1240
TEL 0428-74-6117
FAX 0428-74-4140
エクステリア&土木&お墓工事 施工可能エリア

東京都:青梅市/福生市/八王子市/羽村市/あきる野市/瑞穂町/日の出町/奥多摩町

埼玉県:飯能市/入間市/狭山市/日高市