このページのトップへ
ホーム » 施工事例 » 青梅市 玉石積みの石垣〜稲荷神社の石垣改修工事

青梅市 玉石積みの石垣〜稲荷神社の石垣改修工事

青梅市の稲荷神社の石垣改修工事をご紹介します。
既存の玉石積みを解体して積みなおし、神社の周囲と石垣の上面にコンクリートを打ちました。


施工前の稲荷神社の石垣です。目地の経年劣化と大木の根によって、コーナー部分が大きくひび割れて崩れかかっていました。
切り株の伐根処分と石垣の修繕のほか、石垣上部の神社周囲を土間コンクリートにしたい、とのご依頼をいただきました。


既存石垣を解体し、掘削して行きます。
石垣の内側には街灯のポールがあり、石垣の解体と土の掘削で基礎が動き倒れてしまわないよう、単管パイプで固定しています。
2tダンプは50mほど手前までしか入れないため、資材の搬入や残土等の搬出は軽トラックで行いました。


基礎を作って丁張をかけ、新たに用意した玉石と既存の玉石を使い、サイズをできるだけ揃えながらバランス良く石を積んでいきます。
はずした玉石は再利用できるものをより分け、小さいものは使わずに砕き、裏込め用にしています。
裏込めには砕いた玉石のほか、取り出してきれいにしておいた既存の裏詰め(ガラ石)を使っています。
現場で出たものを捨てずに資源として再利用する事で、処分費・運搬費も削減でき、新たに購入した単粒砕石を入れるより材料コストがかかりません。


丁張に沿って石積みの天端を積み終えました。
切り株の伐根時に崩れて部分にも、土は使わず石ガラを裏に詰めて埋め戻しています。
昔から職人のルールとして「裏込めには土を使わない」と言うものがあります。盛土と同じで流動・沈下しやすく、長い間には石垣が崩れる原因となるからです。


天端をモルタルで仕上げて、石積みの完成です。
今回の工事では石垣上部にコンクリート土間を打設するため、石垣の上部から浸透する水はほぼありませんが、通常擁壁の規定通りの水抜き穴を設置しています。


積みあがった石垣の上に型枠を組んで基礎工事を行い、神社の周りにコンクリートを打設します。

Before|After


当初は石垣の目地が壊れ開いた部分のみの補修依頼でしたが、その方法ではいずれ全体の目地にクラックが入ることが予想されたため、積みなおしとなりました。
左の画像の既存の石垣は、大小さまざまな石がバラバラに積まれ整然としていませんでした。
この様な石垣を解体して石を再利用する場合、全体の3割は使えない石が混じると考えています。


Before|After


石垣工事は積み直しの場合、もともとあった石のみではきちんとしたものが出来ない事が多いのが実情です。
たとえ見栄えをあまり意識しない場合でも、堅牢な石垣にするためには使う石の見立てが大切で、それゆえ石積みは難しいものです。


Before|After


昔から伝わるさまざまな知恵と工夫によって成り立っている石垣や石積み。
簡単にできるものではなく、ましてや誰もが堅牢な石積みができるものではありません。
今回は石積みも低く、上面の土間で排水させるため特に強固にする必要性はありませんでしたが、基本の技法に忠実に、丁寧に施工致しました。
私たちが作るこうした構造物は、少なくとも50年を超えて皆様の生活に寄り添っていくもの。常に、恥じることのない施工を心掛けております。

これからも豊富な施工経験で、幅広いご依頼にお応えします。お気軽にご相談、お問い合わせください。


Contact
TEL 0428-74-6117
所在地/連絡先

〒198-0005
東京都青梅市黒沢2丁目1240
TEL 0428-74-6117
FAX 0428-74-4140
エクステリア&土木&お墓工事 施工可能エリア

東京都:青梅市/福生市/八王子市/羽村市/あきる野市/瑞穂町/日の出町/奥多摩町

埼玉県:飯能市/入間市/狭山市/日高市