このページのトップへ
ホーム » 施工事例 » 青梅市 役割で区切って庭を使いやすく、管理も楽に。家周りをメンテナンスフリーにリ・ガーデン

青梅市 役割で区切って庭を使いやすく、管理も楽に。家周りをメンテナンスフリーにリ・ガーデン

青梅市・S様邸の外構工事をご紹介いたします。既存の庭と家周りのリニューアルの依頼です。
ご要望は、庭の植え込みや花壇に土留めなどの仕切りがなく、雑草が入り込むので対策をしたい。また草取りなどの手入れも大変なので管理を楽にしたい、とのことでした。


花壇にはレンガかブロックを積み、曲線を設けたいとのご希望でした。
レンガは見栄えが良いですが、材料・施工単価は高くなってしまいます。
そこで、種類も多く見栄えのいいものも選べるコストパフォーマンスが良い化粧ブロック積みの花壇をご提案。
図面やカタログなどで詳しくご説明し、採用となりました。


Before|After


施工前の写真は雑草が繁茂し、通路と植え込みの境がわからなくなっています。
植木は必要なものを残して撤去し、きれいに除草したのち化粧ブロックを曲線に積んだ花壇を設けました。
庭の土面は減りましたが、奥行きも50センチほどで横幅は庭いっぱいの大きな花壇には、たくさんの植物を植えることができます。


Before|After


通路に草がはびこると、雨上がりに足元が濡れて歩きにくくなります。先々のことも考え、花壇以外はすべて舗装することになりました。
木を植える植栽帯・花壇・通路をきっちりと分け、通路は使い道に応じその場所に適した舗装をします。
花壇の周囲は、管理が最も楽で使い勝手の良い土間コンクリート舗装にしました。



花壇と土間打ちの施工
土間コンクリートは、雨水勾配にも配慮して仕上がりの高さを設定しました。


花壇の1段目を積んでいきます この上に笠木が乗ります コンクリート打設時に花壇や周囲の壁などを汚さないよう養生します 土間打ちのワイヤーメッシュが完了
生コンをコテで敷き均しています
花壇の1段目を積んでいきます
通路の砂利敷き
庭以外の通路などは防草シートを敷設し、白系の砂利敷にしてコストを抑えます。
除草をし、土を鋤き取ってから防草シートを敷設、砂利を敷きます。


除草後、既存の土を砂利の厚み分5センチすき取ります 防草シートを敷設を敷設します 砂利を5センチ圧で敷きます
除草後、既存の土を砂利の厚み分5センチすき取ります
〜既存汚水マスの嵩上げ〜
既存の汚水マスの上部が年月の経過で土が流れ、土中に埋まっていました。
蓋が開かなくなってしまうと、日常の点検や、排水が詰まった時の掃除ができないため管を継ぎ足して嵩上げ調整をし、砂利の仕上がりと高さを合わせています。


汚水升をかさ上げした状態 防草シートを敷設中です 砂利が入りました
汚水升をかさ上げした状態
駐車場隣接地の砂利敷き
基礎際など障害物のあってバックホーで掘削が難しい木の根は、地際で伐採し除草剤の原液をかけて枯らす方法を取ります。
また、強い木や草の根が沢山残っていると、防草シートを持ち上げてしまうので、土中にも根を枯らす除草剤を散布してから防草シートを敷設します。


撤去困難な根には除草剤を使います 小口にドリルで数か所の穴を開けます 穴に注ぐようにして除草剤を塗布します 除草剤処理後、防草シートを敷設します 砕石を敷き均して完了です。駐輪場など、多目的に使えるスペースができました
撤去困難な根には除草剤を使います
これからは、歩きやすく使い勝手のよい通路と高さのある花壇で、ストレスなく、楽しく植木や花の管理をしていただけたらと思います。

庭の管理が年々大変になってきた、また手入れにかける時間が取れない…そんなときにはお気軽にお問い合わせください。
ご予算に合わせて、できるだけ手間がかからず使いやすいプランをご提案致します。


Contact
TEL 0428-74-6117
所在地/連絡先

〒198-0005
東京都青梅市黒沢2丁目1240
TEL 0428-74-6117
FAX 0428-74-4140
エクステリア&土木&お墓工事 施工可能エリア

東京都:青梅市/福生市/八王子市/羽村市/あきる野市/瑞穂町/日の出町/奥多摩町

埼玉県:飯能市/入間市/狭山市/日高市